REVOLUTION

NEWS

 

本日、富士珈機を所用で訪れたとき、1階の工場に新品のREVOLUTIONが完成寸前の

状態で置かれていました。

聞くと東京支店に据え付ける焙煎機だそうです。

ふと見るとバーナー部分が丸見えの状態でしたので失礼してパチリと一枚。

      IMG_1489

写真下のオレンジ色のものがバーナー(火炎放射器)。コロナというメーカーの

工業用としては最小サイズのもので15000kcalの出力のものを20000まで

チューンしています。その上に黒色とベージュで外形がカタツムリ状のものが

補助送風機といって、バーナーから吹き出される熱風を薄めたり撹拌させたりする

役目を持っています。

※1)バーナー×補助送風機の計算で高温熱風や低温熱風を作り出します。

珈琲焙煎とは簡単に言えば、豆に熱化学変化を与えて香ばしく煎ることなのですが

高温すぎると苦くなったり、低温だと生っぽくなったりします。

REVOLUTIONではこの焙煎温度を※1)のかけ算でコントロールする事が出来ます。

焙煎する方の好みの香味を柔らかく表現するか、しっかり表現するか。

今年からスタートするREVOLUTIONの改良計画では『プログラムをもっと簡単に、

珈琲をより美味しく』というテーマで行われますが、REVOLUTIONを使う事で経験が

無くても自由に香味を作り上げてゆくようになるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

« »

TOP▲