SCAJ初出展と東京進出

NEWS

2013年5月、富士珈機を退社し喫茶店(現カフェド・ロペ)に打ち込もうとしたのですが

どうしてもお金が足りない。トラックの運転手でもやろうかと考えていたそんな時に

銀座の鳥羽珈琲さんから声がかかり

FCS帳合いで焙煎設備を導入したいと言っていただきました。

その仕事があったことによってFCSが始まりました。

あれから6年、法人格になり売り上げも少しづつ伸びて

昨年の6月にはDIEDRICHの日本総代理店にもなり

2019年SCAJに株式会社福島珈琲としてオールドプロバットを

合同会社KENZO COFFEE ENNGINEERINGとしてDIEDRICHを展示したいと

考えております。

そして、並行して東京大塚に小さな事務所を構え

販促に力を入れようと計画しております。

 

« »

TOP▲